季節のお便り(エコネットみなまた)

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    "野菜"人気ランキング投票にご協力下さい→野菜人気ランキング

    "果物"人気ランキング投票にもご協力下さい→果物人気ランキング

    • 2016.11.18 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    天災と災害 熊本大地震現地リポート

    0

      11月18日のニュースに

      熊本地震で市町村が設置した855ヶ所の避難所のうち、唯一残っていた西原村の避難所が閉鎖された、とありました。

      地震発生から約7ヶ月。避難所はこれで全て解消されたのですが、被災者のかたはこれからが大変なのでは、と思うところです。

      あの地震の不安感や恐怖を徐々に忘れようとしている今、もう一度、天災と災害について振り返ってみたいと思いました。

       

      さて、災害対応が日常生活の延長上にあるとして、果たして今、私たちはその準備はできているのだろうか?

      仕事のあれこれに追われるばかりで過ごす毎日、おおいに反省しなくてはならないと思いました。

       

      いつもエコネットがお世話になっている熊本学園大学での災害時の活動が

      非常に参考になるものでしたので、ぜひ紹介したいと思います。

       

      機関誌「かづら」126号より

       

       4月14日と16日の2度の震度7の地震で、熊本は死者49人、避難者10万人という被害を受けた。

      関連する死傷者数はもっと多い。

       

      授業では、寺田寅彦の「災難雑考」を引用しながら、天災は避けられないが、災害は社会的なものであって

      被害は食い止めることができる、と常日頃から語ってきていた。

       

      でも、それは他人事のような話だった。そこに熊本地震。

      私自身も様々な意味で当事者となってしまった。自分自身が被災するいっぽう、直後から、勤務先の熊本学園大学では避難所を運営し、また被災地障碍者センターを立ち上げて、障碍者の支援も始めた。

       

      ただ、震災による被害は、まだ進行中で、軽々な事は言えないし、他人への批判めいたことは言いたくない。

       

       避難所運営にあたっては、東北の避難所を見てきた経験から、その轍は踏まないようにしようと

      東俊裕先生、中地重晴先生、宮北隆志先生らと相談し、まず障碍者の受け入れ体勢を決めた。

       

      4月16日まで解放されていたのは一般の4教室だったのだが、同じ建物に600人収容の大ホールがあり、その前半部がフラットなスペースだったので、その場とっさの判断でホールを使うことにした。

       

      ここに、車いすの障碍者を中心に最大時60名ほど居た。

      田尻、井上らの水俣学研究センターの研究助手や下地医師も医療的ケア体制の構築のために寝ずに奮闘。

       

       避難所は、災害以前の町の縮図であった。

       

      比較的裕福と思われる人たち、若い子ども連れ、何も持ち出せなかったひとり暮らし高齢の方々などが混在して暮らしているのが初期の避難所。

       

      避難所には障碍者が居るのが難しい。

       

      今回もまたそうであった。

      地域に住んでいる人たちが同じように被災したのなら、その人たちを同じように受け入れたい。障碍者も自分の住んでいる地域の避難所で避難できるようにしないといけない、というのが私の基本的な発想。

       

      いわゆる福祉避難所や障碍者向けの避難所ではなく、一般の避難所の中に障碍者が居ることのできるスペースを確保しないといけない、と思う。

       

       避難所を運営していて分かったのは、何せ最初の一週間は半日ごとに状況が変わるので、その場その時の臨機応変の対応と判断が重要で、その都度決断が迫られ、理屈や手続きなんて言ってられない。

      ただ、その原則は、平べったい言い方になるが、被災者の一人一人を大切にすることでなければならず、そしてその一人一人が実に多様で、決してひとくくりにはできないということも理解しておく必要があった。

       

       また、災害における被害のあり方は、災害ごとに異なるが、その経験をつないでおくことが大切と思った。

      熊本学園大学避難所の運営にあたった者のなかには阪神・淡路大震災の被災者が3人おり、また、東日本大震災の現地調査を行ってきたものが私だけでなく何人もいた。

       

       さらに、水俣病患者に寄り添ってきた私のやりかた、現場から、一人一人に向き合うという方法がここでは活かされた。水俣学の実践をしたようなものだった。

       

       さて、この規模の地震が水俣で起きたらどうだろうか。

      エコネットはどうするだろうか。堅牢で十分な広さをもつ新しい社屋で避難者を受け入れることのできる体制は整っているだろうか。

      地域に根付いて障害のある人もない人も共に生きる場所として、構想されていると思うが、どうだろう。

       

       さらに、川内原発の事故が起きたらどうしよう。

       

       災害が起きてからでは遅いし、また災害が起きて奇跡的なことが起きるわけではない。日頃の活動の延長上に災害対応があるとすれば、その準備は今からしておかなくては。エコネットにはそれが可能だし、しなければならないと思っている。

       

      //おわり     エコネットみなまた顧問・花田昌宣(熊本学園大学教授)先生の熊本地震現地リポートを書き起こしたものです。

      "野菜"人気ランキング投票にご協力下さい→野菜人気ランキング

      "果物"人気ランキング投票にもご協力下さい→果物人気ランキング



      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      書いた記事数:16 最後に更新した日:2016/11/18

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      PR


      このページの先頭へ